HTMLのソース簡単取得のWhatTag(ファットタグ)ロゴ
WEBサイト運営、デザイナーさん必携?
ホームページの参考にしたいHTMLコードが一目でわかる

WhatTag

『ファットタグ』

WhatTag『ファットタグ』とは

WEBページの編集時に他サイトを参考にされる事は多々ありますよね?
ただ、参考にしたい箇所のHTMLコードを見るのはソースを表示させて、解析してから目的の位置のHTMLを探したり、
開発ツールを立ち上げて探したりで結構面倒です。こんな時に使用して頂きたいが為のツールです。

WhatTagファットタグの使い方

カーソルを持って行くだけでHTMLタグ解析
HTMLコードをみたいページでファットタグを立ち上げてカーソルを持って行くだけでOK。
「r」キーを押すとHTMLコードを取得
その状態で「r」キーを押すと右上のテキストボックスにコピーしますのであとはこのコードを煮るなり焼くなり…
※コピーしたコードは各種権利がありますのでそのままご自分のHPに張り付ける等は厳禁です。
背景色を変えて一目瞭然です
また、右上ウインドウのbackground-colorチェックボックスをチェックすると表示しているコード部分の背景色を変えますので、どの部分のコードを表示しているかが一目瞭然です。
Exit WhatTagでファットタグを終了
ファットタグを終了する時は右上ウィンドウの「Exit WhatTag」を押して下さい。

ファットタグのインストール・起動方法

ファットタグはブックマークレットです。
ブックマークレットとはブックマーク(お気に入り)等から起動し、ブラウザで簡易的な処理をするプログラムの事です
このボタンWhatTag『ファットタグ』 をお気に入りに入れて起動すればOKです。 WhatTagボタンをお気に入りにドラッグで簡単インストール

ファットタグご使用の注意

ファットタグは様々なサイトのHTMLコードをコピーペースト(通称コピペ)出来る様になっておりますが、あくまでもWEBサイトの開発支援ツールとなっておりますので、他サイトで取得したソースコードをそのままお客様のサイトに張り付ける事は禁止しておりますので予めご了承下さい。

近日ファットタグ日本語版リリースします。今しばらくお待ちくださいませ